観戦マナーガイド

ゴルフは紳士のスポーツ。観戦にあたっても、きちんとマナーを守ってスマートに選手を応援したいものです。ゴルフ場での観戦マナーについて、ご紹介します。

プレー中は動かず、静かに見守ろう!

プレー中のギャラリーの動きやおしゃべりは、想像以上に選手の邪魔になり、プレーへの集中を乱すことになります。選手のプレー中は、声を出さず、静かに立ち止まって観戦するのがマナーです。

自分のお気に入りの選手を常に見ていたいからといって、勝手に移動することは、他の選手はもちろん、ギャラリーへの迷惑にもなります。他の選手のプレーの邪魔にならないよう、周りをよく見て移動するようにしてください。

もちろん、ロープの中に入って観戦したり、選手が打って飛んできたボールを勝手に拾ったりしてはいけません。近くのスタッフが手を挙げたり、「お静かに!」「Quiet Please」などと書かれたボードを上げた場合は、選手が構えに入り、プレーする合図です。その際は必ず立ち止まり、選手のナイスショットを見守りましょう。

移動中、コースを横断する場合は「クロスウェイ」という指定された専用ルートを通らないといけません。プレー中の選手がいないからといって、ショートカットとばかりにロープをくぐって移動するなどの行為は絶対に避けてください。

会場内は撮影禁止です。携帯電話の使用もご注意!

大会会場では、撮影は事前に許可を得たプレスカメラマンにしか認められていません。カメラ、ビデオカメラはもちろんですが、スマートフォン、携帯電話による撮影も禁止です。誤解されないためにも、カメラなどは持ち歩かないのが望ましいでしょう。
また、携帯電話については、着信音にも気をつけましょう。選手のプレーの邪魔にならないよう電源を切るのがベターです。少なくともマナーモードにして、着信音が鳴らない設定にしておきましょう。

喫煙マナーをきちんと守ろう

ゴルフ場での喫煙は、指定された場所以外では禁止されています。指定場所以外での喫煙は、火災の原因や、選手や他のギャラリーの迷惑になりかねませんので、他の公共スペースと同様、喫煙マナーを守るようにしましょう。

選手のサインや握手について

プレー中の選手は非常に集中しています。むやみに触れたり話しかけたり、サインや握手を求めないようにするのがマナーです。選手たちにベストなゴルフを見せてもらうためにも、プレー中のサインや握手の依頼は避けましょう。

選手のなかには、ホールアウト後に、ギャラリー動線の邪魔にならない所でサインや握手に対応してくれる場合もあるようです。プレーに支障のないタイミングを見計らって声を掛けてみましょう。

飲食について

コース内での飲食は禁止されています。ギャラリープラザの飲食コーナーなど所定の飲食スペースをご利用ください。

服装について

◆服装・持ち物

ゴルフ場では、Tシャツやジーンズ、ジャージ、サンダルなどのカジュアルな服装での入場は避けるのがマナーです。
ただし、観戦の場合、プロのラウンドを追って芝生や土の上を歩く場合が多いので、天候や気候に合わせた、動きやすい格好をおすすめします。

紫外線対策として帽子・サングラスはもちろん、日焼け止めクリームなどの準備は欠かせません。
また、虫よけスプレーなども持参しておくと、より快適に観戦が楽しめるはずです。

◆靴
運動靴・スニーカーなど、歩くのに適した靴がおすすめです。高いヒールやスパイクシューズなど、芝生にダメージを与えたり、足音が出たりするものは、プレーの妨げになる可能性があるので、避けた方がよいでしょう。

熱中症や脱水症状にご注意ください

日射しを避けるための帽子や日傘・タオルなどを準備しましょう。
また、水分補給をこまめに行いましょう。

熱中症や脱水症状には、くれぐれもご注意ください。